会員のみなさまへ
  • HOME »
  • 会員のみなさまへ »
  • 支部長だより

支部長だより

八戸市長 表敬訪問

「令和4年1月6日熊谷八戸市長を副支部長三人とともに表敬訪問してきました。まず、これまで県会議員として当協会顧問を務めていただいたことに感謝を述べ、次に新市長に要望を伝えました。

内容は、宅建協会会員は不動産事業者として「まちづくり」に大いに関わり行政とも協力したいが、①現在の都市計画は50万都市を目指していたころ作られたもので、もうあと数年で20万を割り込もうとしている現在にふさわしくなく、不動産行政の見直しをしていただきたい。②空き家空き室等問題には不動産業界としても大いに関心があり、行政と協力したいので情報交換等ご理解願いたい。などです。短い時間でしたが、今後の展開に意義ある時間でした。」

「ふるさと」2021年2月号より

 連合町内会役員の方々と、宅建協会の役員としてお話し合いする機会を得た。テーマは「集合住宅への
ごみ箱設置について」で、集合住宅にお住まいの方には町内会に入ってない方が多く、でもごみを捨てる
時には町内会で設置したごみ箱をご利用になる。どこへでも好き勝手に捨てられるよりは決められた所へ
捨てた方が良いのだけれどすぐにいっぱいになって、町内会に入って会費を払っている人が利用しようと
したらもはや溢れて使えないこともある。だから集合住宅専用のごみ箱を設置するなり、あるいは町内会
に加入するよう業界としても協力して欲しい、ということだった。
さらに、住んでいないのに通りがかりに捨てていく人もいて、こういう人は公共意識が低くまともな
分別をしていないことも多いからとても困っているという切実な悩みも承った。ごみ処理は行政だけに
任せているととてもコストがかかる。
口を開けば「エコ、環境」と立派なことをおっしゃる方はたくさんいるが、行動の伴っていない人は多い。
私も時々そうではないか、と背筋に冷や汗が湧いて来る。集合住宅にお住まいでも町内会にちゃんと入っ
ている方はいらっしゃる。素晴らしい。やがて社会人になる人、「ちゃんと」お願いしますよ。

「ふるさと」2020年9月号より

 今年から宅建協会八戸支部長を務めることになった。グループ会社の一つ、不動産業をしている
ベストライフの社長としての仕事だが、業界団体の役職に就くのは暫くぶりのことだ。
かつて八戸液化ガスの社長だった時はLPガス協会の八戸支部長や県の常任理事をやっていたが、
正直言って嫌で仕方がなかった。口を開けば、威張り合い、けなし合いの言葉が飛び交うのでいい
加減疲れて飽きてしまい、数年で支部長を退任して県も平理事になり、社長を退いた後は役職も
後継者に交代してもらった。
今回引き受けたのは、信頼する社員から頼まれ、私も日常の業務に細かく口出しするより会社の
PRに励んだほうが良いかなと思ったからだが、なったらさっそくトラブルに巻き込まれた。
それも、過去の当事者たちが解決できず今に引きずっている問題だった。そんな、私が関与してい
なかった時に起こったことの処理を預けられても迷惑でしかない。
しかも「あなたの満足する解決策はなんですか」と訊いても「理念の問題だ」と宣う。
揉め事の中心にいつも自分がいるのが望みなのかとうんざりした。ええい、今夜はうっぷん晴らし
に一杯やるか。どうやら、酒を飲む理由探しに事欠かないのは私の性分らしい。

支部長便り

 
2020年5月より、㈱ベストライフ 代表取締役 大黒 裕明 が支部長を務めております。
 

2020年12月11日  本部にて、臨時県総会が開かれました。
 議題は、
 1.令和4年4月1日から 青森支部・八戸支部・つがる弘前支部・三十むつ支部の4支部体制となること。
 2.令和2年12月11日より、必要に応じて理事会の書面決裁が可能となること。
 以上の案件が承認されました。
 

また、2021年度県総会は、5月28日(金)に内定しました。(正式な決定は、理事会で承認を受けてからになります。)

八戸市地域の安心・安全見守り事業に係る情報交換会

令和元年12月17日(火)

八戸市公民館2階会議室において、八戸市地域の安心・安全見守り事業に係る情報交換会に

出席致しました。

事業概要として、市と協定を締結した協力事業者が、市内での自らの業務上、異変等を発見

したときには、出来るだけ速やかに異変等の内容を市に通報する。

通報要件として、

① 高齢者の生活上の異変・虐待の兆候等

② 障がいのある方・子供・生活困窮者その他の市民の生活上の異変・虐待の兆候等

③ 高齢者等の消費者被害の兆候等

④ 市内の市が管理する道路・道路付属物の異常

⑤ 市内の公園における施設等の異常及び危険行為

上記5つの条項について、異変等ございましたら、八戸市福祉政策課まで連絡願います。

ご協力よろしくお願い致します。

 

階上町 空き家等の対策に関する協定締結

令和元年8月7日(水)

階上町役場において、空き家等の対策に関する協定締結を行いました。

現在、階上町では338件の空き家の報告がありました。

今後、階上町と連携し、空き家等の対策について、専門的なノウハウを活用した

相談体制の構築・相談対応に取り組み、行政のお役に立てればと思います。

宅地建物取引業者に対する立入検査の結果について

県では、平成30年11月13日から平成30年12月26日までの間に

宅地建物取引業者に対して、宅地建物取引業法第72条第1項の規定に

基づく立入検査が実施されました。(宅建協会・全日本不動産協会)

結果は以下の通りです。


ハトマークビジョン

(公社)青森県宅地建物取引業協会では全宅連の支持の基にハトマークビジョンを全国の協会で作成する事になりなりました。

当協会では平成31年1月18日開催の総務委員会で協議のうえ、平成31年度の事業として各支部の会員様より委員を募り作成する予定です。

5年後、10年後へ向けた当協会の姿を示す大事な事業です。

特別委員会への委員の要請が届きましたらご協力をお願いします。

 

空き家・空き地 相談会 開催

平成31年1月26日の東奥日報に掲載されました「空き家調査 スポーツ選手と」の記事を読み、

昨年の行政懇談にて市側の説明がありました空き家の調査が平成31年12月4日、小中野地区からスタートした事を知りました。

宅建協会では、青森県居住支援協議会の事業として

平成31年1月29日(火)「 はっち 」にて空き家相談会及び居住支援セミナーを開催いたしました。

催事内容と開催時間

● 住まいと空き家相談会:午前10時30分~午後2時30分

● 居住支援セミナー  :午後1時~午後3時

セミナーの内容

1、新たな住宅セイフティネット制度について

2、入居支援の福祉制度等について

3、障がい者・高齢者等の福祉と居住支援について

今後の開催予定

平成31年2月5日(火)弘前市「ヒロロ」

平成31年2月7日(木)青森市「アスパム」

お問い合わせ:017-722-4086 平日 午前9時~午後5時

(公社)青森県宅地建物取引業協会 青森県居住支援協議会 事務局:工藤

多くの方のご来場をお待ちしております。

 

新年の集い

あけましておめでとうございます。
平成31年1月18日に八戸プラザホテルJUNOにて開催されました
八戸支部新年の集いはご来賓の方を含め60名を越える参加者があり
盛況に開催されました。
諸事情により今回参加できませんでした会員の方は4月開催の八戸支部
協議会にご参加をお待ちしております。
現在、八戸支部では2月開催の幹事会に向けて、各委員会で次年度の事業、予算について検討中です。
新事業若しくは研修会のテーマ等で取り上げて欲しい、ご意見、要望が
ございましたら支部事務局までお知らせ願います。
会員の皆様の商売繁盛をご祈念申し上げます。

宅地建物取引士試験報告

平成30年10月21日(日)午後1時より宅地建物取引士試験が本県では青森大学で行われました。

受験申込数:1054名・当日の受験者数:858名・受験率:81.4%でした。

合格発表は平成30年12月5日(水)試験機構ホームページにて受験番号が発表されます。

人材育成部会へのお誘い

現在支部総務委員会では人材育成部会を立ち上げるべく、協会会員様に登録の募集案内を送付しております。

育成部会は文字通り、人材の育成、意見交換、情報交換、親睦、協会事業への参加を通じて協会の未来を考えていく事です。

会員の登録は協会の会員及び従業者登録をしている者となります。

会費、年齢制限は現在ありません。

事業への参加は強制ではありません。

ご自分の都合の良い時に参加していただければOKです。

多くの方の登録をお願いします。

なお、人材育成部会は総務委員会の下部組織となります。

 

総務委員会担当者:委員長:佐藤拓也 ・ 委員:小林利光

 

八戸支部選出理事の本部組織の配置のお知らせ

平成30年4月25日の八戸支部協議会にて前佐藤 榮支部長の後任に選出されました小野寺 正です。
会員の皆様に支部幹事会や県本部理事会の様子をお伝えするようにこのページを作成いたしました。協会の動きが伝われば幸いです。
さて、平成30年5月30日の本部総会の後、平成30年6月11日に本部理事会が行われ、橋場会長より新役員の配置が発表され承認されました。
八戸支部選出理事の本部組織の配置をお知らせいたします。

● 小野寺 正 常務理事 総務経理委員会委員長
● 佐藤 拓也 理事 総務経理委員
● 久保 博愛 理事 企画情報委員会副委員長
● 西塚夏志人 理事 法務委員会副委員長

PAGETOP