今年から宅建協会八戸支部長を務めることになった。グループ会社の一つ、不動産業をしている
ベストライフの社長としての仕事だが、業界団体の役職に就くのは暫くぶりのことだ。
かつて八戸液化ガスの社長だった時はLPガス協会の八戸支部長や県の常任理事をやっていたが、
正直言って嫌で仕方がなかった。口を開けば、威張り合い、けなし合いの言葉が飛び交うのでいい
加減疲れて飽きてしまい、数年で支部長を退任して県も平理事になり、社長を退いた後は役職も
後継者に交代してもらった。
今回引き受けたのは、信頼する社員から頼まれ、私も日常の業務に細かく口出しするより会社の
PRに励んだほうが良いかなと思ったからだが、なったらさっそくトラブルに巻き込まれた。
それも、過去の当事者たちが解決できず今に引きずっている問題だった。そんな、私が関与してい
なかった時に起こったことの処理を預けられても迷惑でしかない。
しかも「あなたの満足する解決策はなんですか」と訊いても「理念の問題だ」と宣う。
揉め事の中心にいつも自分がいるのが望みなのかとうんざりした。ええい、今夜はうっぷん晴らし
に一杯やるか。どうやら、酒を飲む理由探しに事欠かないのは私の性分らしい。